6歳臼歯むしば

6歳臼歯はむし歯になりやすい

金山駅徒歩2分で通える歯医者「まさき歯科こども歯科」の石井一成です。

お子さまが小学校に入る前後の5〜6歳ごろに生えてくる、奥歯の奥の歯が6歳臼歯です。

お子さまが大人に近づくのは嬉しいことなのですが、6臼歯は様々な悩みを親御さんから質問されるので、こちらの記事にさせていただきます。

6歳臼歯とは?

6歳臼歯

まず最初に6歳臼歯ってなに?と言う質問から。

6歳臼歯とは、5〜6歳の時期に生える奥歯の奥の大人の歯(永久歯)で、一般的にお子さまが小学校に入る前後の5〜6歳頃に生えてくるので「6歳臼歯」と呼ばれています。

正式名称は「第一大臼歯」と言います。

乳歯の奥から1年近くかけてゆっくりと生えてくるので気づきにくいですが、とても重要な役割があります。

しかし6歳臼歯は様々なトラブルが起きる可能性があるので、注意が必要です。

永久歯の歯並びの基本になる

6歳臼歯歯並び

6歳臼歯は、永久歯の歯並びの基本となる歯です。

6歳臼歯の生え方によってその後の歯並びが決まってくると言っても過言ではないほど重要な歯なのです。

うちの子ちょっと生え方おかしいかも?と思ったらお気軽にお近くの歯医者さんにご相談することをおすすめ致します。

6歳臼歯はむし歯になりやすい

6歳臼歯むし歯

6歳臼歯はむし歯になりやすい理由がいくつかあります。

生え始めたのに気づきにくい

一番奥に生えてくるので、生えてきたことに気づかない事があります。

また、6歳臼歯は歯茎の中にいる時期が長く、完全に生えるのに1年近くの時間がかかります。

その為、気づかない間に大切な永久歯がむし歯になってしまうことがあります。

歯みがきがしにくい

一番奥に生えてくるので、歯みがきしにくいのもありますが、6歳臼歯の生え始めは手前の乳歯よりも高さが低いため段差ができてしまい歯ブラシが届きにくい傾向があります。

そのため、歯みがきがとても難しい歯になってしまいます。

噛み合わせ面が複雑で深い

6歳臼歯は噛み合わせ面が複雑で深いため、とても汚れがつきやすくなってしまいます。

汚れが付きやすいのに、歯みがきがしにくいためむし歯になるリスクが高くなってしまいます。

お子さまが6歳臼歯が生える時期になったら親御さんは注意深くお子さまのお口の中を観察してあげて下さい。

生え始めは歯質が弱い

永久歯の生え始めは、歯質が弱くとてもむし歯になりやすい状態にあります。

磨きにくく、汚れがたまりやすいのでとてもむし歯になる確率が高くなってしまいます。

6歳臼歯をむし歯から守るためには

6歳臼歯をむし歯から守るためには、家庭でのケアももちろん大切ですが、歯医者さんでのケアも必要になってきます。

家庭でのケア

歯みがきによるケア

6歳臼歯歯みがき

まだ小さいお子さまは歯みがきを上手にすることができません。

小さめの歯ブラシを使い、頬の方から斜めに歯ブラシを入れ6歳臼歯の咬合面をしっかり磨きます。

また、歯ブラシは毛先を歯面にあて大きく動かすのではなく、小刻みに動かして下さい。

嫌がるかもしれませんが、仕上げ磨きをしっかり行い、大切な永久歯を守ってあげて下さい。

食事によるケア

歯みがきだけでなく食事によってむし歯を予防することができます。

生えてきたばかりの6歳臼歯はまだ硬さが不十分で歯質がとても弱いです。

唾液には歯を硬く丈夫にしたり、自浄作用もあります。

よく噛むことにより、唾液が出やすくなるので、バランスの取れた食事をよく噛んで食べさせて下さい。

歯医者でのケア

フッ素

6歳臼歯フッ素

3ヶ月に1回フッ素を塗ることによりむし歯になりにくい強い歯を育てることができます。

シーラント

シーラント

むし歯になりやすい6歳臼歯の溝をあらかじめ埋めておき、汚れがたまりやすく磨きにくくむし歯になりやすい部分を予防することができます。

シーラントを行うときに歯を削るなどは行わないので安心して下さい。

歯みがき指導

6歳臼歯歯みがき指導

月に1回歯医者さんで綺麗にしたとしても、残りの29日は家庭での歯みがきが重要になってきます。

歯医者さんでは歯みがきのやり方を丁寧に説明しますので日々の歯みがきを上手に行っていただくことができます。

月1回の定期検診

まさき歯科こども歯科では、お子さまには月1回の定期検診をおすすめしています。

お子さまのお口の状態は変化しやすく、むし歯の早期発見にも繋がりますので、むし歯のチェックやクリーニングその他様々なお口の悩みをご相談いただけますので、月1回の定期検診をおすすめ致します。

6歳臼歯は歯肉炎になりやすい

6歳臼歯歯肉炎

6歳臼歯は1年近くをかけてゆっくりと生えてくるので、長期間歯茎がかぶっている状態が続きます。

そのため、とても磨きにくく汚れが溜まりやすいためむし歯だけでなく、歯肉炎にもなりやすい状態が続きます。

ご家庭では難しい歯ブラシも歯医者さんで綺麗にしてもらうことにより予防することができます。

永久歯の予防意識をつける

6歳臼歯が生えて以降生えてくる歯はすべて永久歯です。

永久歯は生え変わることはなく、むし歯になったりすると二度と新しくなることはなく、治療となると痛みや時間がかかるため、永久歯を一生大切に護っていかなくてはなりません。

歯医者さんへの定期検診の習慣をつけ、大切な歯を一生護って行けるようにするきっかけになればと思います。

6歳臼歯のことで気になることがありましたらお近くの歯医者さんにご相談下さい。

まさき歯科こども歯科では、火曜日・金曜日に小児歯科の先生が来ますので、お気軽にご相談下さい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA