一般歯科

−よい咬み合わせをつくる−

まさき歯科では、できるだけ
痛くない治療を心がけています。

表面麻酔

注射時の痛みを
軽減します

電動麻酔

細い針を使用し
痛みを軽減

麻酔液の温度

人肌の温度で
痛みを軽減

虫歯とは

虫歯の進行

まさき歯科の一般歯科

  • まさき歯科では、なるべく大きくなる前の事前治療を心がけています。痛みが出る前に治すことにより最小限の治療で終えることを目指して治療提案をしています。
  • 表面麻酔の使用や、極力細い針での電動麻酔、麻酔液の温度調整などの方法により、
    なるべく痛みがでないような治療を心がけています。
  • まさき歯科では音にも気をつけて診療を行っています。「痛い…」「音がヤダ…」などの歯医者に行きたくない理由をなるべく減らす努力をしています。
虫歯になりやすい部分を把握しましょう

歯垢は歯ブラシが届かないところに残りやすく、そこにむし歯ができやすいです。
むし歯を予防するのに、歯磨きだけでは限界があります。
歯科医院での定期的な検査、歯間ブラシなどの口腔ケアグッズの併用や、
クリーニングを行い、小さなむし歯が大きくなる前に対処していくことが大切です。
歯を削れば削るほど 歯の質量は失われていきます。

治療方法

1.小さいむし歯の場合

コンポジットレジン(樹脂製の白い修復素材)を使用することが多いです。
むし歯や歯が欠けた部分にペースト状の軟らかいコンポジットレジンを入れて光で硬化させます。
歯を削る量が少なく、治療時間も短いというメリットがあります。
コンポジットレジンのデメリットとしては硬度が足りずよく噛むとこには使いにくい材料というところです

2.大きいむし歯の場合

むし歯を削り、削った部分を部分的な詰め物であるインレーや被せ物のクラウンの型を取り、次回の通院で金属やセラミックスにて処置をするという流れです。
また、通常は保険が適用される銀歯の詰め物被せ物での治療となりますが、見た目が自然で歯質と科学的重合をするセラミックでの治療にも対応しています。(セラミックは自費となります。)

インレー
インレー
クラウン
クラウン
セラミック
セラミック

3.虫歯が大きすぎる場合

虫歯が大きすぎる場合は(C4や破折)は抜歯が必要になります。
抜歯したところは何か代わりのものを入れないといけないです。
その場合両隣の歯を削って橋渡しをするBr(ブリッジ)や、そのまま型取りをして入れ歯をいれたり、無いところの歯茎に直接歯をたてるインプラント治療があります。
(インプラントは自由診療のみです)

ブリッジ
ブリッジ
入れ歯
入れ歯
インプラント
インプラント治療
  • 午前 →   9:00〜13:00
    午後 → 14:00〜18:00
    ※昼休みは13:00〜14:00です。
  • 休診日は土・日・祝日です。

治療日のご案内

2021年 9月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2

定休日

名古屋市中区金山のまさき歯科・こども歯科

愛知県名古屋市中区正木4-8-13
金山フクマルビル1階