ボトックス注射

まさき歯科のボトックス注射について

歯ぎしり・食いしばりでお困りの方に

ボトックス注射とはボツリヌス菌の産出するボツリヌストキシンという成分を使用した薬剤を患部に注射する治療です。
ボツリヌストキシンは筋肉を収縮させる神経を抑制する作用があり、筋肉に注射を行うことで筋肉のつっぱりや痙攣を和らげる効果があります。

ボトックス
ボトックス2

ボトックスの歯科分野での利用の一番のメリットは、短期間に強い咬合力を減少させることで咬む力をコントロールし、さまざまな治療に生かせることです。
咬む力を直接減らす方法は他にないといってもいいと思います。例えば、歯ぎしりや食いしばりによる症状緩和、歯周病や矯正治療、疼痛緩和などにも応用されています。

現在では 歯ぎしり食いしばりからくる症状の緩和に使うことがおおいですが 他には 歯周病の外科処置後に用いたり 歯がわれてしまった咬む力が強い患者さんにインプラント治療後に使ったりと 様々な活用方法の症例実績も増えてきました。
表情筋もコントロールできるので笑う時に歯茎が見えて気になるといった「ガミースマイル」にも有効です。

ボトックス3

※ボツラックス(ボトックスのジェネリックス医薬品)は、国内で未承認の医薬品となります。
※KFDA(韓国食品医薬品安全庁) では、2009年3月13日に認可されており、21ヵ国で使用実績があるものです。
※入手経路は、まさき歯科の個人輸入となります。
※下記厚生労働省ホームページに掲載された「個人輸入において注意すべき医薬品等について」をご参照ください。厚生労働労働省ホームページはこちら>>
※同一の成分や性能を有する他の国内承認医薬品としてアラガン社のボトックスビスタがあります。
(諸外国における安全性等に係る情報の明示)

ボトックス注射はこんな方におすすめ

歯ぎしり
食いしばりを
指摘される

歯が
割れるの
が心配

顎に痛みを

感じる
ことがある

治療で
マウスピースは

装着したくない

エラの
張りが

気になる

頭痛や
肩こりが

ひどい

ボトックス

笑った時に
歯ぐきが

見えて気になる

独自システムにより多くの実績を持つ
当院に、安心してお任せください

当院はボトックス治療に早くから取り組み、筋電計など独自のシステムを導入し、医療法人内で年間150症例以上の「歯ぎしり」「食いしばり」に悩んでいる方にボトックス治療を行ってきました。
まだまだボトックスは美容と言うイメージがありますが、当院では治療目的で使用をしています。豊富な治療実績がありますので安心してご利用いただけます。

ボトックスのメリットデメリット

メリット

  • 歯ぎしり・食いしばり
  • 顎の痛みや疲れ
  • 頭痛
  • 肩・首周りの痛みやコリ
  • 睡眠の質の低下
  • 歯周病の進行
  • 顎関節症
  • ガミースマイル
  • 咀嚼筋肥大による顔貌の変化
  • 歯の破折

デメリット

  • 痛みや腫れ、内出血を起こすことがある。
  • アレルギー症状が出ることがある。
  • 過剰投与によりボトックス注射が効きにくくなることがある。
  • 緊張筋以外の部位に投与すると、食事が摂りにくくなる事がある。
  • 妊娠中、授乳中、妊娠の疑いがある患者さんには施術を行えない。
  • 男性は、投与中及び最終投与後少なくとも半年程度は避妊する必要がある。
  • 筋弛緩作用のあるお薬を内服中の方には施術を行えない場合がある。

歯ぎしり・食いしばりの原因

不正咬合
(正常でない歯並び)

交叉咬合

噛み合わせが均一でなかったり、高さが合っていない事により不快感や異物感が生じ、歯ぎしり・食いしばりをしてしまうことがあります。

むし歯などで
痛みがある

歯周病の症状一覧

噛みたくないところを避けて噛んでいると顎のずれが生じてしまい、歯ぎしり・食いしばりの原因となることがあります。

枕の高さが
あっていない

枕の高さが会っていない

枕が高いと睡眠中に歯が噛み合ってしまい、顎に圧力がかかってしまいます。そのため、噛みしめる癖が出来てしまうのです。

幼少期の成長からくるかみしめ

幼少期の成長による噛み締め

現代咬む回数の低下や食生活の変化により成長期の顎の成長で咬む力が強くなっていってしまい、歯ぎしり食いしばりの一因となっています。

ボトックスによるガミースマイルの治療

ガミースマイルとは、笑ったときに歯茎が過度に見えてしまう状態のことです。
原因の1つに、上の唇周りの筋肉(上唇挙筋郡)が強すぎて、上唇が挙がり過ぎることで歯茎が露出してしまうことが考えられます。ボトックスを小鼻の脇に数ヶ所ずつ左右均等に注入し、上の唇周りの筋肉の挙上する力を弱めることで、笑ったときに上唇が過剰に引っ張られるのを抑えていきます。
ガミースマイルは口腔乾燥の原因にもなり、虫歯のリスクも増加します。
お悩みの方はお気軽にご相談ください。

ボトックス注射の流れ

1.問診

まずは歯ぎしり・食いしばりをしてしまうタイミングや強さ、その他のお困りの症状について詳しくヒアリングさせていただきます。その後、チェックシートへのご記入をお願いします。

初診相談

2.視診

視診では、目で確認しながら診断していきます。

1
.エラの張り
歯ぎしり・食いしばりを日常的に行っている方は常に咬筋の筋肉トレーニングをしている状態であるといえます。必要以上に咬筋が発達してしまうと顔の雰囲気が変わるだけではなく、歯ぎしり・食いしばりをした時に顎や歯にかかる負担が増えてしまい、悪循環に陥ってしまいます。

2.骨隆起
日常的に歯ぎしり・食いしばりを行っている人に発生しやすい症状で歯ぐきにボコッとした硬い膨らみが出来ます。骨隆起のでき方や量によって歯ぎしり・食いしばりの癖が分かる事もあります。

3.咬耗
咬耗とは噛みしめなどが原因で歯がすり減ってしまう状態のことです。重度の場合は、歯が短くなったり、割れたり欠けたりしてしまう事があります。

4.検査
口腔粘膜 異常咬合 歯周病など 歯科分野にかかわること一式を検査します

精密検査

3.触診

以下のポイントで診察をしていきます。
1.筋肉の肥大や圧痛点を確認
2.顎関節の動きを確認
3.頬粘膜・舌の異常を確認

治療計画

4.知覚過敏検査

歯ぎしり・食いしばりの影響で咬耗や歯の欠けがある場合、知覚過敏の症状がでる事があります。
高圧のエアーと水を歯に吹きかけて痛みのある場所が無いかを検査します。

治療開始

5.レントゲン撮影・診断

お口全体の状態を詳しく知る為に、レントゲン撮影を行います。
歯科用の低被ばくレントゲン装置を導入していますが、妊娠中の方はお申し出ください。
撮影時期にもよりますが、当院を受診したことがあり、レントゲン画像がある場合は省略する場合がございます。

またボトックス注射前後の顔貌の変化を記録する為に正面からのカラー写真を撮影させていただきます。そして、レントゲン画像を元に歯並び・むし歯・顎関節・歯槽骨の吸収など、歯ぎしり・食いしばりに関係する部位をチェックします。

保定

6.筋電計検査

当院は表面筋電計という機械を導入しており、噛みしめる力をリアルタイムにグラフ化することができます。
検査方法は電極の付いた小さな機械を咬筋
(耳の下あたりの噛んだ時に硬くなる部分)に押し当てて噛みしめて頂くだけです。痛みもなく数分で終了しますのでご安心ください。
筋電計検査では「噛む力の強さ」「噛む力の左右差」がリアルタイムで視覚化されることで、マウスピースの利用が適しているのか、ボトックス注射が適応になるのか、ボトックス注射を行う際の左右の薬液量の調整などの判断材料となります。これは、まさき歯科独自の取り組みです。

筋電計検査

7.診断とご説明

今までの問診・視診・知覚過敏検査・レントゲン撮影・筋電計検査の結果をもとに歯ぎしり・食いしばりの原因や治療法を診断しご説明いたします。
ボトックス治療のメリット・デメリットの説明を受けていただいた上で、ボトックス治療を行う患者さんには同意書を記入して頂きます。

治療計画

8.ボトックス注射

当日の健康状態を確認して、問題なければ注射位置を確認する為にペンでお顔にマーキングを行います。
その後、ご希望の方には表面麻酔のクリームを注射部位に塗りこみます。そして、表面麻酔が効いてきたら数ヶ所にボトックス注射を行います。

お顔のマーキングに使用するペンはすぐ落ちますが、お化粧なども一緒に取れてしまう可能性がありますのでご了承ください。

9.施術後の経過観察(1ヵ月後)

ボトックス注射後は「薬剤の効き具合」「問診時の症状の緩和状況」「顔貌の変化」の確認などを行うため、基本的に1ヵ月間隔で経過観察のご予約を取らせて頂いています。
予約時間は
30分で問診・カラー写真・筋電計検査とクリーニングを行います。
毎月の経過観察時に歯ぎしり・食いしばりが再発してきた場合は、次回のボトックス注射希望の有無や実施時期のご相談をさせて頂きます。

注意事項
(下記の方は注射をお受け出来ない場合があります)

  • 妊娠中、授乳中の方
    妊娠する可能性のある婦人は、投与中及び最終投与後半年程度は避妊する。
    男性は、投与中及び最終投与後半年程度は避妊する。
    妊娠の可能性がある場合は、治療の内容によってはお受け出来ない場合もありますので、必ず医師にご相談ください。
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
  • 全身性の神経筋接合部の障害を持つ方
    (
    重症筋無力症、ランバート・イートン症候群、筋萎縮性側索硬化症等)
  • ドクターの説明によりインフォームドコンセントを得られなかった場合

ボトックス注射料金

ボトックス注射

¥27,500

※二回目以降 1ヶ月毎に経過をみている方は¥22,000で追加施術

よくある質問

飲酒は禁忌ではないのですが、飲酒する事により血流がよくなり内出血が発生するリスクがある為、出来れば控えて頂きたいです。翌日からは通常通りに過ごして頂いて構いません。

長時間の入浴は結構が良くなり内出血が発生するリスクがある為、シャワー浴をお勧めしています。翌日からは通常通りに過ごして頂いて構いません。

個人差によりますが効果は大体3~4ヶ月で薄れる為、再度歯ぎしり・食いしばりが起こる場合は続けてボトックス注射を行われる事をお勧めしています。筋力が減少していくと注射の間隔が長くなっていく傾向にあります。

当日の予約状況、ドクターの空き状況によりますのでお気軽にお問い合わせください。

歯ぎしり・食いしばりの原因が咬筋の亢進から来るものなのか、それ以外の原因なのかを診断する必要があります。普段保険診療をしている間にドクターが判断してボトックス治療が有効かを確認していますが、自由診療での初診診断も¥16,500で承っております。

個人差によりますが、早ければ翌日から効果を実感頂けます。

咬筋という噛みしめると硬くなる筋肉に数ヶ所注射します。注射する薬剤量は咬合力検査、注射の回数・間隔等から歯科医師が一人一人調整して決定します。

違和感を感じる方はいますが、普段通りのお食事が出来ない。という事はありませんので、ご安心ください。

  • 午前 →   9:00〜13:00
    午後 → 14:00〜18:00
    ※昼休みは13:00〜14:00です。
  • 休診日は土・日・祝日です。

治療日のご案内

2021年 9月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2

定休日

名古屋市中区金山のまさき歯科・こども歯科

愛知県名古屋市中区正木4-8-13
金山フクマルビル1階