学校歯科健診金山

学校歯科健診の結果どうすればいいの?見方は?どんな意味があるの?

金山駅徒歩2分で通える歯医者「まさき歯科こども歯科」の石井一成です。

お子様の学校でこの時期学校歯科健診が行われて検査結果が用紙を持って帰ってきている頃ではないでしょうか?

ご覧になりましたか?

学校歯科健診は学校によって前後しますが、6月末までに行われていると思います。

学校歯科健診の結果書いてあるけど

  • どうやって見ればいいの?
  • なにが書いてあるの?
  • もらったけどどうすればいいの?

などわからないことが多いと思います。

それでは今回は学校歯科検診の紙の見方やこのあとどうすればいいかご説明していこうと思います。

学校歯科健診の紙の見方

学校歯科健診の紙

学校によって様式が様々なので、画像はイメージですが、歯科専門記号が記入されていおり、意味が記載されていないとわけがわからないですよね?

学校歯科検診で記入されている歯科専門記号リスト

歯科専門記号

  • 「/」・・・・健康な歯
  • 「C」・・・・未治療のむし歯
  • 「CO」・・・明らかなむし歯ではないが、むし歯になる恐れのある歯
  • 「◯」・・・・治療済みのむし歯
  • 「△」・・・・なんらかの理由によりなくなってしまった大人の歯(永久歯)
  • 「未記入」・・・まだ生えていない大人の歯や大人の歯に変わったこどもの歯
  • 「G」・・・・歯肉炎
  • 「GO」・・・軽い歯肉炎

歯並びや噛み合わせ顎関節についての記載もあると思います。

学校歯科健診の紙をもらってきたらどうすればいいの?

学校歯科健診の紙にむし歯や歯肉炎・歯並び噛み合わせに異常がみられるなどの症状がありましたら、

すぐにお近くの歯医者さんまでご来院下さい。

むし歯に関する事

むし歯に関すること

「C」や「CO」などむし歯の進行状態によって記載されています。

こちらの記載がある場合はなるべく早くお近くの歯科医院を受診されることをおすすめ致します。

歯肉に関する事

歯肉に関すること

「G」や「GO」など歯肉炎の進行状態によって記載されています。

こちらの記載がある場合は、歯肉炎の恐れがあるのでなるべく早くお近くの歯科医院を受診されることをおすすめ致します。

歯科医院ではお口の中のクリーニングや歯石取りだけでなく、日々の歯磨き指導などを行っています。

歯列・咬合・顎の関節状態に関する事

歯列・咬合・顎の関節状態に関すること

歯並びや噛み合わせや顎関節に関する事が記載されています。

矯正治療やお口のトレーニングによって改善されたり、日々の生活習慣や食べ物の物性などによって異常が出ている場合もありますので、患者様それぞれに合った治療法がございますので、お近くの歯科医院を受診されることをおすすめ致します。

まさき歯科こども歯科では、月曜日・金曜日に小児歯科の先生が診察していますので、お気軽にご相談下さい。

むし歯や歯肉炎は風邪などと違い、時間が経ったり寝たら治るなどの事はないのでお早めの受診をおすすめします。

学校歯科健診で異常なしと出た場合

学校歯科健診で「異常なし」と出たらむし歯や異常がないと安心してはいけません。

学校歯科健診では「異常なし」=歯医者さんに行かなくていいよ。

「むし歯は絶対にないよ」と保証するものでもありません。

逆に学校歯科健診で「むし歯あり」とあっても実際に歯医者さんに行ったらむし歯はなかったと言う経験がある方もいるかも知れません。

これは学校歯科健診の先生が間違っていたわけでなく、学校歯科健診と歯医者で行う健診の目的と環境が違うからです。

学校歯科健診の目的

学校歯科健診の目的

学校歯科健診の考え方として

  • 子供の成長の状況を把握すること
  • 潜在する疾病を早期発見して適切な処置を講ずること
  • 生涯の健康のための教育効果を高める事が目的であり、健康であるかどうかふるい分けることを目標としたスクリーニングであり、医学的な立場からの確定診断を行うものではない

と言う考えのもと学校歯科健診を行っています。

なので学校歯科健診ではスクリーニング検査により異常のある・なしをおおまかに振り分けているだけなのです。

学校歯科健診では目で見てわかる範囲の異常を確認して、歯医者さんへの受診を勧めたり、歯やお口の健康維持のための課題を明らかにするために行っています。

さらに、学校歯科健診では設備や時間の問題があります。

  • 限られた時間で大人数を診る
  • 照明が歯科医院に比べると暗い
  • 検査を行う器具が充実していない
  • レントゲンによる検査ができない

などの問題点があるため、学校歯科健診では歯医者さんで行うほどの精度はありません。

歯科医院での検診の目的

歯科医院での検診の目的は、お口の中の状態を把握し、予防や治療の方針を決めるために行います。

学校歯科健診と違って

  • 一人の患者様を検査するためだけの十分な時間が取れる
  • 明るい照明のもとお口の中を隅々まで診ることができる
  • 検査に使う器具が揃っている
  • レントゲンによって精密な検査ができる

など歯科医院は歯科の治療を行うための専門機関ですので、検査のための設備や器具が揃っており、レントゲン写真などによって精密な検査を行う事ができます。

学校歯科健診で異常なしと出た場合でも、一度近くの歯科医院に行ってしっかりと検診することをおすすめ致します

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA